So-net無料ブログ作成

『フロム・ヘル』 [マンガ]

from_hell.jpg


 19世紀末のロンドンを騒がせた連続殺人鬼「切り裂きジャック」を題材としたコミックで、原作は『Vフォー・ヴェンデッタ』の原作者アラン・ムーア(ガイ・フォークスも出てきますよ)、作画はエディ・キャンベル。ジャンル的にはコミックというより、グラフィックノヴェルに分類される作品で、日本のコミックとはかなり趣が異なります[http://www.msz.co.jp/news/topics/07491;07492.html]。本国では1991年から1996年にかけて刊行されましたが、邦訳は2009年10月にようやく刊行されました[http://www.fromhell.jp/]。

 絵の雰囲気とストーリーに嫌悪感を感じる人もいるかもしれませんが、エレファントマンやフリーメイソン、クレオパトラの針などヴィクトリア時代の世紀末を彩ったテーマが数多く登場します。中でもマニアックな登場人物が、W.B.イェイツ。彼を登場させ、黄金の夜明け団触れることで、この時期に流行した神智学・黒魔術的傾向をよく表しているように思います。
 その他さまざまな仕掛けがありますが、驚くのは当時のロンドンの地理をはじめ、殺人の状況など残っている記録と照らし合わせるとほぼ正確に書かれていること。ここまでやるか、という感じです。なお、日本でも人気が高いアメリカの女性推理作家パトリシア・コーンウェル(検屍官ケイ・スカーペッタをヒロインとするシリーズで有名)は、この作品にも登場する画家ウォルター・シッカートが切り裂きジャックの正体とする説を発表しています。

 圧巻は、ガルがロンドンを移動しながらその歴史と建築物の意味を語る第4章。これをすべて理解するには、かなりの知識を必要としますが、その語りの中から浮かび上がる彼の行動真の意味は、もはや狂った哲学です。
 死体を切り刻んでいたガルが未来社会を幻視する第十章、異形の怪物(幻視者ウィリアム・ブレイクが描いた「蚤の幽霊 The Ghost of a Fle」)となった臨終間際のガルが、時空を超えていく十四章は、切り裂きジャックが二十一世紀の現在も多くの人の興味を引きつけている様を暗示しているのでしょう。付録もすごい。


 この作品を映画化したのが、タイトルも同じ『フロム・ヘル』(2001年、アメリカ、ヒューズ兄弟監督)。その映像美と独特の雰囲気、当時の社会の忠実な再現といった面でとてもよく出来た作品です(過激なシーンがあり、Rー15指定です)。主演はキャプテン・ジャック・スパローのジョニー・デップ。新年度から発行される、とうほうの世界資料集『世界史のパビリオン』(写真・図版・オモシロ記事が多くていい資料集だと思いますよ)には、この映画が紹介されており、ジョニー・デップの写真が掲載されています。彼が演じるのは、アヘンに耽溺するアバーライン警部。彼を主役にしたところが原作とは大いに異なりますが、妻子を亡くして虚無的になったアバーラインをジョニー・デップが好演しています。ガル博士を演じるイアン・ホルム(『エイリアン』の1作目でノストモロ号の乗組員~実はアンドロイド~役を演じる)、アバーラインを助けるゴットレイ巡査部長を演じるロビー・コルトレーン(『ハリー・ポッター』のハグリッド)の二人は、ともにケネス・ブラナーの『ヘンリー5世』で堅実な演技を見せていた俳優です。エレファントマンが「ジョセフ・メリック」と紹介され、「ジョンです」と訂正するシーンは、ジョゼフという名前が担当医師の誤記により「ジョン」という名で広がったことに由来しています。


「切り裂きジャックのDNA鑑定」
  (関西医科大学法医学講座/関西医科大学大学院法医学生命倫理学研究室)
   http://www3.kmu.ac.jp/legalmed/DNA/jtr.html
 ※このウェブには、その他にも興味深いトピックが多数有り。
http://www3.kmu.ac.jp/legalmed/DNA/dnatopics.html
http://www.din.or.jp/~grapes/jackandbetty/116th.html



フロム・ヘル 上

フロム・ヘル 上

  • 作者: アラン・ムーア
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2009/10/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



フロム・ヘル 下

フロム・ヘル 下

  • 作者: アラン・ムーア
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2009/10/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



フロム・ヘル [DVD]

フロム・ヘル [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



フロム・ヘル [Blu-ray]

フロム・ヘル [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



フロム・ヘル (新生アルティメット・エディション) [DVD]

フロム・ヘル (新生アルティメット・エディション) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



フロム・ヘル 特別編 [DVD]

フロム・ヘル 特別編 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

坂口尚『石の花』 [マンガ]

 第二次世界大戦下、ナチス・ドイツの侵攻を受けたユーゴスラビアを舞台に、パルチザン、強制収容所の囚人、ナチスの将校といったそれぞれの立場で理想を求め苦悩する若者の生き様を描いた社会派作品。民族とは、国家とは、正義とはといった重いテーマをも考えさせる好作品です。高校生にぜひ読んで欲しい作品。

 Wikipediaにおける解説



石の花 (1) (講談社漫画文庫)

石の花 (1) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 坂口 尚
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/07
  • メディア: 文庫



石の花 (2) (講談社漫画文庫)

石の花 (2) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 坂口 尚
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/07
  • メディア: 文庫



石の花 (3) (講談社漫画文庫)

石の花 (3) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 坂口 尚
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/07
  • メディア: 文庫



石の花 (4) (講談社漫画文庫)

石の花 (4) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 坂口 尚
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 文庫



石の花 (5) (講談社漫画文庫)

石の花 (5) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 坂口 尚
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

青池保子『アルカサル 王城』(プリンセス・コミックス) [マンガ]

DSCF20080814.jpg


 14世紀、イベリア半島で活躍したカステイリャ王ドン・ペドロ(ペドロ1世)を描いた青池保子の歴史長編。コミックスでは全13巻ですが、途中掲載誌の休刊に見舞われ、1984年から2007年まで24年という歳月を費やして完結という大作[http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200706280099.html]。少女マンガと侮るなかれ、『修道士ファルコ』や『トラファルガー』などこれまでヨーロッパ史関係の青池作品を読んだ人は分かると思いますが、実に読み応えある作品です。ヨーロッパ中世の歴史にひかれるのは、(現実はともかく)この時代と場所が何となくロマンティックな雰囲気をたたえていることにあると思いますが、それを見事なまでに具現化した作品です。

 主人公ドン・ペドロの兄(庶出)であり不倶戴天の敵でもあるエンリケ・デ・トラスマタをはじめ、敵も味方も登場人物の顔が同じ(ヘアスタイルで区別するしかない)で、かつセリフが多いため、かなり頭を使う作品でした。これはサブキャラと彼らが織りなすエピソードが極めて魅力的であるため、致し方ないことでしょうね。終盤に登場するエドワード黒太子や、ベルトラン・デュ・ゲクランに関する知識があれば、より楽しめるかもしれません。佐藤賢一の『双頭の鷲』を読んだときはデュ・ゲクランを応援したのに、この作品を読むと、デュ・ゲクランはほんのチョイ役なのにもかかわらず「(デュ・ゲクランって)嫌なヤツ」と思ってしまうのは、青池作品のスゴさかも。

 私はプリンセスコミックスで全巻買ったのですが、文庫版でも刊行が始まったようです。



アルカサル 13―王城 (13) (プリンセスコミックス)

アルカサル 13―王城 (13) (プリンセスコミックス)

  • 作者: 青池 保子
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2007/09/14
  • メディア: コミック



アルカサル-王城 1 (1) (秋田文庫 20-27)

アルカサル-王城 1 (1) (秋田文庫 20-27)

  • 作者: 青池 保子
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2008/07/10
  • メディア: 文庫



双頭の鷲〈上〉 (新潮文庫)

双頭の鷲〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 佐藤 賢一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 文庫



双頭の鷲〈下〉 (新潮文庫)

双頭の鷲〈下〉 (新潮文庫)

  • 作者: 佐藤 賢一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『チェーザレ』⑤(講談社)と『ナポレオン~獅子の時代』⑨(少年画報社) [マンガ]

 オーダーしていた惣領冬美『チェーザレ』の5巻と長谷川哲也『ナポレオン~獅子の時代』の9巻が届きました。いやぁ、どちらも面白い。華麗な『チェーザレ』と、むせかえるように熱い『ナポレオン』。対照的なこの2つがどちらもやたら面白いのは、サブキャラの魅力でしょうね。『チェーザレ』はミゲルとアンジェロ、『ナポレオン』はボナパルトにしたがう指揮官たち。アルコレの勝利、ということでマントヴァ開城も目前。カテリーナ・スフォルツァとチェーザレの関係を知っておくといいかも。




チェーザレ 5―破壊の創造者 (5) (KCデラックス)

チェーザレ 5―破壊の創造者 (5) (KCデラックス)

  • 作者: 惣領 冬実
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/07/23
  • メディア: コミック



ナポレオン獅子の時代 9 (9) (ヤングキングコミックス)

ナポレオン獅子の時代 9 (9) (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 長谷川 哲也
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2008/04/09
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

安彦良和『ジャンヌ』(日本放送出版協会) [マンガ]

 タイトルからジャンヌ=ダルクの活躍を描いた作品か、と思ってしまいますがそうではありません。時代はジャンヌの死から10年後。フランスでは国王シャルル7世と王太子ルイ(のちのルイ11世)との間に内戦が勃発。田舎町ヴォークールールの守衛官ボードリクールのもとにも、国王派であるリュッシモン大元帥より出陣の要請が来る。女でありながら男として育てられたエミールは、養父ボードリクールの代わりにシャルル7世の元へと参ずるが.....。というストーリー。ジャンヌ=ダルクはすでにこの世を去っていますが、スピリチュアルな存在としてたびたび登場し、主人公エミールを導いていきます。

 作者の安彦良和氏は、機動戦士ガンダムのイラストレーターとして有名。この作品は最初から最後までオールカラーで、絵自体もたいへん綺麗。佐藤賢一氏の作品などを読んでおくと、リュッシモン大元帥やジル=ド=レエアランソン公をはじめ、ラ=イール「オルレアンの私生児」、ラ=トレムイユなど、登場人物がかさなるので、よいかも。アーティスティックな歴史マンガ。


ジャンヌ

ジャンヌ

  • 作者: 大谷 暢順
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

岩明均『ヒストリエ』(講談社 アフタヌーンKC) [マンガ]

 最近読んだ歴史マンガでは、惣領冬美『チェーザレ』、青池保子『アルカサル-王城-』と並ぶ傑作(逆に買っていちばん後悔した作品は、かわぐちかいじの『COCORO〈心〉』)。

 アルキメデスを題材とした『ヘウレーカ』(白泉社)は1巻だけだったので、物足らない感が強かったですが、この『ヒストリエ』は長編。単行本は現在4巻まで刊行されており、イッキ読みしてしまうおもしろさです(イッキ読みしないと、このマンガの面白さは分からないような気もします)。

 私がこの作品を知ったのは、先月このブログを介してVol.1とVol.2を購入してくれた方がいたから。一体どんなマンガ?と思って調べたところ、かなり面白そうだったので、いわゆる「オトナ買い」した次第です。主人公エウメネスが実在の人物と知って、二度ビックリ。アレクサンドロス大王に書記官として仕えた人物らしいです。他の岩明作品同様、殺戮シーンも少なくないですが、作者独特の乾いた感じの描写があまり残酷さを感じさせません。一般的な評価と違い、私は「絵が暗い」とは感じませんし、エウメネスの数奇な運命を描く上で、むしろ岩明氏の絵は奇妙にマッチしているように思います。

 かつて『寄生獣』にハマった私には、エウメネスの数奇な運命がどうしても新一少年と重なります。新一にはミギーがいましたが、エウメネスはたった独り。エウメネスの運命や如何に?4巻の終わり(第38話)で、第1話の終わりに戻りますが、バルシネがいう「あの男」とは?他にも未だ謎の登場人物が多く、続きが早く読みたい!

 【asahi.com の紹介記事】
 http://www.asahi.com/column/aic/Fri/d_love/20041126.html


ヒストリエ vol.1 (1) (アフタヌーンKC)

ヒストリエ vol.1 (1) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 岩明 均
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/10/22
  • メディア: コミック



ヒストリエ vol.2 (2) (アフタヌーンKC)

ヒストリエ vol.2 (2) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 岩明 均
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/10/22
  • メディア: コミック



ヒストリエ vol.3 (3) (アフタヌーンKC)

ヒストリエ vol.3 (3) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 岩明 均
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/11/22
  • メディア: コミック



ヒストリエ vol.4 (4) (アフタヌーンKC)

ヒストリエ vol.4 (4) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 岩明 均
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/07/23
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

かわぐちかいじ『COCORO 心』 [マンガ]

 レオナルド・ダ・ヴィンチを主人公にしたマンガ。作者は『沈黙の艦隊』で知られるかわぐちかいじ。白泉社文庫で出ている1巻と2巻しか読んでないけど、現在はここまでのようです。なんとも中途半端。ミケランジェロやボッティチェリも出てきますが、それぞれ魅力的なキャラではありません。ダ・ヴィンチのエキセントリックさもたいしたことがない。5点満点の2点。同じルネサンス期を描いた『チェーザレ』のほうがはるかに面白い。



COCORO〈心〉 (第1巻) (白泉社文庫)

COCORO〈心〉 (第1巻) (白泉社文庫)

  • 作者: かわぐち かいじ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 文庫
COCORO〈心〉 (第2巻)

COCORO〈心〉 (第2巻)

  • 作者: かわぐち かいじ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 文庫


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

青池保子『七つの海七つの空』(秋田書店) [マンガ]

 半兵衛先生からエリザベス1世ネタにリアクションをもらったので、アルマダ海戦つながりのマンガを紹介。

 16世紀、エリザベス1世時代の海賊を主人公にした作品。イングランド海軍の司令官で、スペインの血を引く野心家の貴族ティリアンと、彼に陥れられ非業の死を遂げた父の復讐を切望する海賊キヤプテン・レッドの戦いを描く。個人的には、キャプテン・ブラックはあまり必要なキャラとは思えませんが、少女向けマンガには必要なキャラなのかも。でも少女向けマンガでアルマダの海戦というのはスゴイ。
 クライマックスはアルマダ海戦。イギリスの教科書に載ってる、ドレークが「スペイン王の髭を焼いた」話や、アルマダ海戦は一週間以上も続いたという点など、かなり詳しくかかれています。焼き討ち船で無敵艦隊の三日月陣形が崩れ、スペイン艦隊の敗北につながったことも史実通り。ケイト・ブランシェット主演の『エリザベス・ゴールデン・エイジ』では、焼き討ち船を操ったのはウォルター・ローリーでした。
 昨年宝塚星組によって舞台化されました[http://kageki.hankyu.co.jp/revue/37/special/index.html]。




アルマダ.jpg

アルマダ海戦を描いたイギリスの切手(アルマダの海戦勝利400年記念 1988年7月19 日発行)。向かって左より、リザード岬沖の海戦(7月19日)、プリマスの海戦(7月21日)、ワイト島沖の海戦 (7月25日)、カレー沖の海戦(7月28~29日)で切れてます。あと北海での暴風雨(7月30日~8月2日)があるのですが、切れてしまいました。横に長く連続で印刷されていますので......。焼き討ち船が襲撃するのは、カレー沖の海戦です。




七つの海七つの空 (秋田文庫)

七つの海七つの空 (秋田文庫)

  • 作者: 青池 保子
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: 文庫
七つの海七つの空

七つの海七つの空

  • 作者: 青池 保子
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1986/07
  • メディア: コミック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

宮下英樹『センゴク外伝 桶狭間戦記』(講談社KCDX) [マンガ]

 第二部が始まった、ヤングマガジンの『センゴク』の外伝。タイトルから普通は織田信長が主人公かと思うわけですが、今川義元とその軍師太原崇孚雪斎を中心とした作品。最初オビを見たとき、これ誰?信長じゃないよなぁ、って感じでしたが、今川義元でした。
 「信長の野望」の影響か、織田信長を讃える一方、返す刀で「お歯黒大名」今川義元の間抜けさをあざ笑う風潮が一般的でしょう。しかし義元とて「海道一の弓取り」と称された武将。下馬評では信長に対して圧倒的に有利になるまで、駿府の国力を充実させた、その才覚には注目してもいいでしょう。ストイックな仕事人の太原崇孚雪斎はなかなか魅力的で、「風変わりな今川義元」にもやはりひかれてしまいます。いつも笑っているところがいい。これから「信長の野望」では今川を使わ......ないなぁ、やはり。


センゴク外伝桶狭間戦記 (KCデラックス)

センゴク外伝桶狭間戦記 (KCデラックス)

  • 作者: 宮下 英樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/02/06
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

青池保子『トラファルガー』 [マンガ]

 歴史に名高いナポレオン戦争中のトラファルガーの海戦を舞台にした作品。

 イギリス海軍のユージン・ラドリック中佐は、幼い頃頃おばの嫁ぎ先フランスのブーローニュでフランス革命に巻き込まれて両親を失い、友人マルソー・ニジェールとも生き別れてしまった。艦長に昇進した彼は、フランス海軍随一の狙撃兵となったマルソーと再会したのだった。

 あまり長くない話なので、少々もの足らない感じもしますが、当時の海戦の様子など、かなり詳しく調べられているのが分かります。今でこそ映画『マスター・アンド・コマンダー』やドラマ『ホーンブロワー』で当時の帆船の様子が詳しく分かるようになりましたが、20年以上前にこれだけの作品を描くのはかなり大変だったでしょう。脱帽。

トラファルガー

トラファルガー

  • 作者: 青池 保子
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1986/06
  • メディア: コミック


船の歴史文化図鑑

船の歴史文化図鑑

  • 作者: ブライアン・レイヴァリ
  • 出版社/メーカー: 悠書館
  • 発売日: 2007/08/10
  • メディア: 単行本


マスター・アンド・コマンダー (ユニバーサル・セレクション2008年第1弾) 【初回生産限定】

マスター・アンド・コマンダー (ユニバーサル・セレクション2008年第1弾) 【初回生産限定】

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2008/01/12
  • メディア: DVD


ホーンブロワー 海の勇者 DVD-BOX1

ホーンブロワー 海の勇者 DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/07/23
  • メディア: DVD


ホーンブロワー 海の勇者 DVD-BOX2

ホーンブロワー 海の勇者 DVD-BOX2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/09/24
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。