So-net無料ブログ作成
コレクター道③矢立 ブログトップ

紙切りが仕込まれた矢立 [コレクター道③矢立]

DSCF3156.JPG


千じゆと云所にて船をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の泪をそゝぐ。
 行春や鳥啼魚の目は泪
是を矢立の初として行道なをすゝまず。人々は途中に立ならびて、後かげのみゆる迄はと、見送なるべし。
松尾芭蕉『おくのほそ道』矢立初めの句


なぜ矢立にひかれるのかは自分でもよくわからないが、安いアイテムがあると、つい買ってしまう。象嵌の入った工芸品などは高価でとても手が出ないが、むしろ、使い込まれた風合いのある方が好みである。10年くらい前までは2本で1000円程度だったが、状態にもよるが最近は1本1000円くらいから。結構値段が上がってる。

DSCF3159.JPG

外見は普通のシンプルな矢立だが、内側に紙切りが仕込まれた矢立。引っかかりもなくスムーズに出し入れでき、職人技が感じられる。

DSCF3161.JPG


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
コレクター道③矢立 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。