So-net無料ブログ作成
幻想文学 ブログトップ

新しいローマ教皇と「小さな奇蹟」 [幻想文学]

新しく即位されたローマ教皇(法王)は、ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿。
イエズス会出身。
「ホルヘ(英語のジョージ)」という名前、同じくアルゼンチン出身の作家のボルヘスや、映画『薔薇の名前』に登場する同名の図書館長(ボルヘスがモデル)を思い出す。
教皇としてはフランチェスコ1世。
アッシジの聖フランチェスコにちなむ名前だという。
あれほど有名な聖フランチェスコに由来する名を使った教皇がこれまでいなかったということも驚きだが、今の世界にふさわしい名前のような気がする。

アッシジの聖フランチェスコというと思い出すのが、ジオットの絵。
そしてポール・ギャリコの短編集『スノーグース』に収録されている愛すべき小品「小さな奇蹟」。
ポール・ギャリコの代表作というと表題作の「スノーグース」なんだけれど、「小さな奇蹟」も味わい深い名品。

主人公は第二次世界大戦で孤児となった10歳の少年ペピーノ。彼は、ろばのヴィオレッタとともに暮らしていたが、ある日ヴィオレッタが病気になってしまう。思い詰めたペピーノがとった行動とは....

「不滅の少女」、故矢川澄子さんの名訳も素晴らしい。
舞台が1950年代のイタリアなので、聖フランチェスコ自身はもちろん登場しないのだけど、聖フランチェスコの存在があってこそ生まれた作品と言える。

新しい教皇フランチェスコ1世は、クリオーリョ(スペイン人を祖先に持つラテンアメリカ生まれの白人)ではない。イタリア系移民の子孫である。
イタリアからアルゼンチンへ!
そう、「母を訪ねて三千里」。
40歳以上の方の中には、マルコ少年とお猿のアメデオ、「♪さあ、出発だ~」というテーマソングを覚えている方も多いだろう。
(このアニメにも、「小さな奇蹟」の主人公と同じペピーノ(アニメでは「ペッピーノ」)という名のキャラクターが出てくる。)

保守的なカトリックは、ややもすると独裁者と結びつく傾向がある。
独裁者ペロンの負の遺産とも言える「汚い戦争」に、カトリック教会が荷担したという指摘もある。

私はクリスチャンではないが、教皇として日本を初めて訪れたヨハネ=パウロ2世を尊敬している。
先代のベネディクト16世には、あまりよい印象を持てなかった。
新しい教皇は、ヨハネ=パウロ2世のような「優しさを感じさせる人物」であることを期待したい。



スノーグース (新潮文庫)

スノーグース (新潮文庫)

  • 作者: ポール ギャリコ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1996/12/24
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

荒俣宏『プロレタリア文学はものすごい』(平凡社新書) [幻想文学]

 最近、小林多喜二の『蟹工船』が売れているという。月刊『民主文学』6月号は、小林多喜二の特集でありました。格差社会におけるおける「ワーキングプア」の大量出現という社会状況がその背景にあるようですが、そこで思い出したのがこの本。プロレタリア文学の運動や思想はさておき、純粋に「物語」「小説」として読むとムチャクチャ面白い、という快著。プロ文というのは、内容も、その作家の生活も実に「ものすごい」というのを実感した次第。「ものすごい」という表現は、「いかがわしくておもしろいものなんでもあり」というニュアンスで、言い得て妙。

 著者にかかれば、『蟹工船』はスプラッターホラー小説となってしまう。その他江戸川乱歩に通じる怪奇と幻想、探偵小説もあれば、セックス小説もある、といった具合。高校時代の国語の教科書に載っていた『セメント樽の中の手紙』の作者、葉山嘉樹も「ものすごい」。実際の作品を読むより、この本読んだ方がずっと面白く感じるかも?

 プロ文とグラン・ギニョールで上演された作品をはじめとするフランス世紀末文学との共通性が指摘されているのはなかなか面白い。たしかに葉山嘉樹の『淫売婦』は、国書刊行会の「フランス世紀末叢書」シリーズの一冊としてでていたユイスマンスの『腐爛の華』を彷彿とさせます。

 教科書には「空想的社会主義者」として登場するフーリエが、伊藤野枝が提起した「汲みとり問題」(誰もが自由で平等な理想社会において、便所の汲みとりのように誰もが嫌がる仕事は、いったい誰がやるのかという真面目なんだかそうでないんだかよくわからない問題)の解決法を提示しているというのは、なかなか傑作な話だ。

 この本が出版されたのは、2000年の10月。このころは「プロレタリア文学を単に物語としてしか方法のない時代」(16ページ)だったのだけど、『蟹工船』が売れる今の状況は......。



プロレタリア文学はものすごい (平凡社新書)

プロレタリア文学はものすごい (平凡社新書)

  • 作者: 荒俣 宏
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『制服捜査』(佐々木譲、新潮社) [幻想文学]

 「このミステリーがすごい!」の2007年度版(2006年に発表された作品が対象)で第2位となった作品。著者の佐々木譲氏は、1988年版(第1回)で第4位(『ベルリン飛行指令』)にもはいっている人。先週木曜日、人間ドックの帰りにラジオを聞いていたところ、RKKラジオで放送されている『小松士郎のラジオのたまご』という番組 でこの本が紹介されていました。1名様にプレゼント、ということで応募したところ、見事当選。


 北海道警察の川久保篤巡査部長は、不祥事をめぐる玉突き人事のあおりを食らい、刑事課強行犯係の捜査員から広尾警察署志茂別駐在所勤務へ異動となった。「犯罪発生率管内最低」という一見平和な町に赴任した彼は、「些細な事件」の裏に潜んだ悪意に気づいて真相を探っていく.....

 駐在所や交番に勤務する、制服に身を包んだ「お巡りさん」には捜査権がないそうです。にもかかわらず、主人公の川久保巡査部長は真相を求めて独自の「捜査」を行います。全5話からなる短編集という体裁ですが、主人公以外にも全話に登場する人物がいたり、以前のエピソードを回顧する部分もあるので統一感が保たれています。印象的なのは、川久保巡査部長がとる行動の数々。賛否両論あると思いますが、私的には○。全体を通して、社会的に弱い人々へのまなざしが感じられて、いい作品だと思います。身近な「駐在さん」が主人公のハードボイルド小説、というコンセプトも新鮮でした。

制服捜査

制服捜査

  • 作者: 佐々木 譲
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/03/23
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

『新八犬伝』 [幻想文学]

 今の学校に赴任してから公民で「倫理」を毎年担当してるんだけど、「中国の思想」の単元で儒学の孟子をやるとき、「四端」の話でいつも思い出すのが、子どものころ(確か小学1~2年生だったと思うが)、NHK総合で放映されていた人形劇「新八犬伝」。石山透氏が原作&脚本で、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」のリメイクであることはいうまでもないが、これがメチャクチャ面白かった。今年の正月にテレビでやってた「八犬伝」はイマイチだったけど。

 僕的には「南総里見八犬伝」を、澁澤龍彦の『高丘親王航海記』、泉鏡花の『高野聖』なんかと並ぶ日本幻想文学の大傑作だと思っていて、NHKの人形劇は辻村ジュサブロー氏による人形が本当に素晴らしくて、伝奇ロマンス的性格がより強く感じられた。その後NHKでは「三国志」も人形劇になったけど(北陸製菓から食玩でミニチュアが発売)、辻村氏の人形に比べればイマイチ。そういえばかつて『開運! なんでも鑑定団』に辻村氏作の人形「由利鎌之助」(『新八犬伝』のあと番組『真田十勇士』)が登場したけど、えらく高値がついていたなぁ。でもこんなとんでもないアイテムををどうやって入手したんだろう?
 各回15分間しかなくて(確か5時45分からだった)、次のエピソードが待ち遠しくて仕方なかった記憶がある。ナビゲーターが今は亡き(ホリエモンも追悼登山をしたという日航機墜落事故で亡くなった)坂本九。「♪いざとなったら珠を出せぇ~♪」というテーマソングで、下品な仕草をする小学生があちこちで見られたのを、懐かしく思い出す人も多いはず。試しに同僚の先生たちに尋ねてみたところ、40歳ちょっと越えたくらいの先生達はみんな知っていた。「我こそは玉梓が怨霊ぉ~」とか「さもしい浪人網乾左母二郎」とか、個性的な悪役キャラがインパクト強かったみたい。僕は犬山道節(声:川久保潔さん)が一番好きだったけど。この「新八犬伝」、毎年正月にはカルタ風にこれまでのエピソードを振り返る一週間があって、それも結構面白かったなぁ。もう一度みたい、DVDでも......と思ったら、当時の放送テープはほとんど消去されているとのこと。これは国民的損失だ!向田邦子の名作「阿修羅のごとく」(トルコ軍楽「ジェッティン・デディン」がテーマ曲だった)は、数年前にアーカイブで放送されて大いに喜んだのに.....

NHK人形劇クロニクルシリーズVol.4 辻村ジュサブローの世界~新八犬伝~

NHK人形劇クロニクルシリーズVol.4 辻村ジュサブローの世界~新八犬伝~

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2003/01/24
  • メディア: DVD
 RKKラジオで放送されている「土曜だ江越だ」という番組でやっているクイズに応募したら、2000円分のCDギフト券が当たった!ラッキー!「1981年にノーベル賞を受賞した福井謙一さんは、何賞を受賞したでしょう?」という問題だった。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学校

砂糖プランターとゴシック小説 [幻想文学]

 昨日で冬休みの課外も終わり。今日から年末年始休暇だ!う~む、疲れた。世界史を大学入試科目から外してくれないかなぁ(笑)。
 昨夜は久しぶりにテレビをみました。年末年始ということで、わが家も仕方なく?テレビが復活。実家からもってきました。というわけで昨夜見たのは『プロジェクトX』の最終回。なんだかんだ言われてもやっぱりこの番組は面白いです。中島みゆきさんの素晴らしいこと。もう五十才を越えて久しいはずなのにあの綺麗さは一体なんなんでしょうね。笑顔もすばらしい。彼女の存在自体が奇跡に思えます。

 18世紀をピークに、大西洋における三角貿易がさかんとなります。アフリカからは奴隷という「黒い積荷」がカリブ海の砂糖プランテーションに労働力として運ばれ、カリブ海地域からは砂糖という「白い積荷」がヨーロッパに運ばれたという話は、大学入試でも頻出のテーマです(1997年の筑波大や2003年の一橋大など.....詳しくは私のウェブサイトhttp://www005.upp.so-net.ne.jp/zep/sekaisi/study/study01.htmlを参照してください)。
 砂糖産業をおこすにはかなりの資本が必要でしたが、イギリスの大商人や貴族の中には、砂糖プランテーションの経営に投資して財をなした不在地主が数多くいました。こうした不在地主の中には「ゴシック趣味」を持った人が多かったとのことです。増田義郎氏によれば、『ヴァセック』(1786)を書いたウィリアム・ベックファド、『オトラントの城』のホレス・ウォルポール、『修道士』(1796)のM.G.ルイスなど、ゴシック小説家として有名な人々が多く、増田氏も「おもしろいことに、ゴシック派文人には西インドの不在地主が多い」と述べています(『略奪の海カリブ』岩波新書145~146ページ)。ほんと、おもしろいですね。このうちルイスは2回ほど西インドに行って、彼の所有する奴隷達の悲惨な状況にショックを受けて、生活の改善を行おうとしたそうです。
 このゴシックというのは18世紀末から19世紀にかけて流行した風潮で、中世的な古城や陰気な修道院、幽霊等など怪奇幻想的なテーマをモチーフとした小説や絵画の風潮です。1980年代に一世を風靡したイギリスのロック・ブルーク、バウハウス(BAUHAUS)のプロモーション・ヴィデオ「マスク(MASK)」なんかはゴスの典型例ともいえるでしょうね。

マスク (紙ジャケット仕様)

マスク (紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: バウハウス
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2004/07/22
  • メディア: CD


 そういえば、ケン・ラッセルが監督した映画で、『フランケンシュタイン』が生まれるエピソードとなった夜を描いた『ゴシック』って映画もありました。熊本では『薔薇の名前』との2本立てで、今はなきセンターシネマで上映されました。
 ゴシック小説の中でもホレス・ウォルポールの『オトラントの城』(1764)は、最初のゴシック小説だとされています。ウォルポールという名前、受験世界史ではおなじみの名前です。そう、1714年にイギリスで成立したハノーヴァー朝(今のウィンザー朝)の初代国王ジョージ1世のもとで成立した責任内閣制のもとでの最初の首相です。ホレスはこのウォルポール(ロバート、1676~1745)の4番目の子であります(実子でないとの説もあり)。 その関係で1741年から26年間、ホイッグ党の議員として国会に議席をもっていました。増田氏は現地に行ったルイスを「ウォルポールより良心的」と書いてますが、実はこのウォルポール、リヴァプールに乗り込んで奴隷貿易廃止論を主張したらしい。リヴァプールといえば、いわゆる中間航路といわれた奴隷貿易の中心地ですね。この奴隷貿易からあがった利益が、イギリス産業革命に必要とされた資本をもたらした、という話は教科書にも載ってます。ゴシック小説には、舞台設定がイギリス以外であることも多いですから、こうした異国趣味が不在地主となった理由かも?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ディケンズ『クリスマス・キャロル』 [幻想文学]

 時節柄ということで、ディケンズ(1812~70)の『クリスマス・キャロル』(1843)です。世界史の教科書的には、ディケンズといえばヴィクトリア時代を代表する自然主義作家です。
 『クリスマス・キャロル』には様々な邦訳があると思いますが、オススメは新書館から発行された絵本。まず挿絵が綺麗です。絵はアーサー・ラッカム(1867~1939)という画家で、彼の絵が使われた原版は1915年に発行されました。私がアーサー・ラッカムの絵をはじめて目にしたのは、『妖精異郷』(国書刊行会)という本で、巻頭のカラーページで紹介されていた彼の絵は、英国ファンタジーの豊穣さを感じさせる素晴らしい作品でした。アーサー・ラッカムの絵が使われた本は、この『クリスマス・キャロル』も含まれた、新書館の「ペーパームーン叢書」に、『グリム童話』をはじめ多くが収録されていましたが、残念ながら現在は品切れのようです。挿絵・訳・装丁と三拍子そろった絵本ですので、古本屋等でみかけたら買ってみてください。ただこの本は大人向けなのかもしれません。ルビのふりかたなどをみると、ターゲットは少なくとも子どもではないようです。

 小池滋氏の訳も絶妙です。なんと落語調に訳してありますが、さすが第一人者、これがピッタリとハマって実に自然な感じです。う~む、参りました。巻末の解説も、とても興味深い。興味を持った人は、小池氏による『もう一つのイギリス史』(中公新書)の第7章を読んでみるといいでしょう。救貧法についてより詳しく解説してあります。

 『クリスマス・キャロル』の七年前、ディケンズは原型とも言える作品を書いています。「墓掘り男をさらった鬼の話」という短編で、『ディケンズ短編集』(岩波文庫)におさめられています。この短編集、やたら面白いんです。訳者の小池氏は「1.超自然的で、ホラーとコミックが奇妙に混在していること。2.ミステリー要素が強いこと。3.人間の異常心理の追究。という三つの特徴が際だっている作品を集めた。」としていますが、ゴシック的世界が好きな人にはたまらないでしょう。小池氏の面目躍如というところでしょうか。

ゴシック小説をよむ

ゴシック小説をよむ

  • 作者: 小池 滋
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1999/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 先日映画館に予告がでてましたが、年明けにはロマン・ポランスキー監督の『オリバー・ツイスト』が公開されるようです。名優(リチャード・アッテンボローの『ガンジー』でマハトマを演じた人)が、を演じているとのこと。アメリカでの興行は今ひとつだったそうですが、昔NHKで放送されていたジェレミー・ブレッドの『シャーロック・ホームズの冒険』が描く世紀末の大英帝国が好きな私は、結構期待しています。そういえば、講談社の『シャーロック・ホームズ大全』の挿絵、ジェレミー・ブレッドにそっくりだったなぁ。

シャーロック・ホームズ大全

シャーロック・ホームズ大全

  • 作者: コナン・ドイル
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1986/09
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
幻想文学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。