So-net無料ブログ作成

「苦役への道は世界史教師の善意でしきつめられている」 [その他]

高校の世界史教師(特に進学校の)の多くが感じていながら、恐くて口に出せなかったことがある。それを口に出してしまったが最後、今自らが行っている授業を自己否定することにつながってしまうからである。しかし昨日、それを真正面から言語化した文章を目にしてしまった。

 タイトルは「苦役への道は世界史教師の善意でしきつめられている」というもので、筆者は小川幸司先生。長野県で世界史を教えられている方のようだ。読んだのは、昨日行われた歴史学研究会の特設部会「社会科世界史60年」での報告文章である[http://wwwsoc.nii.ac.jp/rekiken/annual_meetings/index.html]。この場合「苦役」とは「暗記地獄」を指しているが、似たような意味で、一昨年日本西洋史学会の折りに、ある先生は「世界史教師の博識は生徒の負担につながる」という言葉を口に出された。小川先生は、「善意」という言葉を使い、問題の深刻さをより強く示されているように思う。また「すべての道はローマに通ず」的で、なかなかシニカルでもある。

 核心的な指摘の部分を引用させていただこう。
「今や、私たちは、はっきりと認識すべきなのである。高校世界史は、高校生からも社会人一般からも“嫌われている”科目であり、その意義に共感してもらうことに“失敗”してきた科目なのだということを。
 私たちは、こう自問自答すべきなのだ。現代において世界史を学ぶことは必要だろうけれども、今の世界史教育の「方法」は高校生の学びにとって相応しいものなのだろうか、と。この自己検証を怠ってきたがゆえに、世界史を学ぶ意義までもが侵食されてしまったのではないだろうか。」

 昨年宮崎大学で開かれた研究大会の折に私は報告を行ったが、その時の課題テーマは「転換期における歴史授業の実践的課題を探る」というもので(「高校世界史は、高校生からも社会人一般からも“嫌われている”科目であり、その意義に共感してもらうことに“失敗”してきた科目なのだということを認識すべき時がきた」という意味で、現在は転換期と言えるかもしれない)、私は教育学会という「理想を求める」場で、高校の教室という「現実的な場」ではどういう授業が行われているかを話してみた。様々な意見をもらったが、私と大学の先生方とは問題意識が違うようで、議論がかみ合ったとは思えない。このときのレジュメは[http://www005.upp.so-net.ne.jp/zep/sekaisi/jyugyou/zensyagaku2008.pdf]であるが、この「はじめに」で婉曲的に書いているように、私の問題意識が「嫌われている世界史を好きにさせるにはどうすればいいか」というものだったのに対し、大学の先生方は「何をどう教えれば、理想の人間として成長できるのか」という点に問題意識があったように思う。なかでも某出版社の歴史教育関係の本に掲載されていた内容を使った「日露戦争は侵略戦争か否か」というテーマの話を授業でやるのは不適切だ、という意見をいただいたが、「授業で何をすべきか」という点で、私と大学の先生方とは問題意識が違うように思われる。高校の世界史教師向けの研修会で、大学の歴史教育関係の先生を招くよりも、予備校の名物講師を招く方がより現実的な研修会となるのは、(少なくとも進学校の教師にとっては)自然かもしれない。そもそも、学会や学会誌で発表されているような授業が現場で実際に行われてきたとはいえない。大学の先生、生徒、そして保護者が求める「よい授業」はそれぞれに異なる。現場の教師が、直接の消費者である生徒や保護者のニーズを最優先して「理想的な授業」よりも「大学受験を念頭に置いた暗記中心の授業」をやってきたのは当然と言えば当然だろう。

 以前『世界史をどう教えるか』(山川出版社)を読んだときに感じた「しっくりこない感じ」を、私は明確に説明することができなかった[http://zep.blog.so-net.ne.jp/2008-06-15]。だがこの論文ではそのことも明快に指摘されている。

 では一体高校における世界史の授業は、どう変えていくべきなのか。残念ながら、今の私には旧来の授業スタイルにとって変わるべき対案があるわけではない。ただ「なんとかせねば」という気持ちは持っているつもりだ。授業ネタ集めはその一つの方法なのである。

稲垣佳世子・波多野誼余夫『人はいかに学ぶか―日常的認知の世界 』 (中公新書) [その他]

 学校現場では、勤務する学校の社会的評価によってその教師の評価も決まってしまうということがしばしば見られる。その背景として、教育現場では伝統的な学習観、すなわち「学び手はもともと受動的であり、有能ではないのだから、よい教え手が必要」で、「知識は伝達されるものであり、良い教師が行うべきことは、できる限りたくさんの知識を伝達することである」という考えが支配的であることがあげられよう。有能な生徒には有能な教師が必要、というわけだ。『月刊中学向山型社会』という教育雑誌の2005年11月号には「生徒の100倍の知識を持っていないと授業にならない」というタイトルの文が掲載されていたそうだが、このタイトルは、現在の教育現場では伝統的な学習観が支配的であることを示しているのではないか?

 しかし、こうした伝統的な学習観がもはや通用しないことを実感している世界史の教師は少なくあるまい。教師の博識が生徒の負担となり、さらに世界史の授業に対する学び手の意欲と能動性の低下については、「生徒のニーズに応えた」結果起こった「世界史未履修問題」がはっきりと示している。

 この本が示しているのは、こうした伝統的な学習観の打破である。つまり学び手は、実は有能であり、知識は伝達されなくても構成されることが可能、ということである。では学び手はどうのような場合に有能にかつ能動的に学ぶことができるのだろうか。まずあげられるのは、現実的に必要な場合である。いわゆる「必要は発明の母」ということだが、これに関してはどうも世界史の授業は他の教科・科目にくらべれば分が悪いような気がする。別に世界史の知識などなくても生活には困らないからだ。ではどうすればいいかというと、「知的好奇心により学ぶ」という方法が考えられる(第3章)。ただこの場合留意しなければならないのは、知的好奇心にもとづく学び手の能動性は、外側からせき立てられない限りにおいて発揮されるということだ。つまり心的な余裕が必要という点である。

 「知識が構成される」とは「参加しつつ学ぶ」(第7章)ということで、討論や話し合いによる仲間同士のやりとりが、知的好奇心を高め、より深く理解するのを助けるということである。ただこの場合、知識量に差がある者同士でおこなうやりとりよりも、同輩同士のやりとりのほうが知的好奇心が高まりやすいという点は興味深い。こうした考え方は一般化しているようで、高垣マユミ(編著)『授業デザインの最前線』(北大路書房)では、「社会的相互作用」にもとづく学習過程として説明されている。

 もちろん、知識がなければ思考はできないから、「知識があるほど学びやすい」(第7章)し、意図的におしえなければ身につかない知識がある以上、我々教師の役割が大きく変化するものではなかろう。それに「有能で能動的な学び手」が常に正しい答えにたどりつくとは限らないから、われわれ教師の役割は増えこそすれ、減少することはないだろう。

 すぐに授業に活かすことができる本、というわけではないが、読んでみると授業や生徒に対する見方や考え方がこれまでとは少し違ってくるかもしれない。



人はいかに学ぶか―日常的認知の世界 (中公新書)

人はいかに学ぶか―日常的認知の世界 (中公新書)

  • 作者: 稲垣 佳世子
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1989/01
  • メディア: -



授業デザインの最前線―理論と実践をつなぐ知のコラボレーション

授業デザインの最前線―理論と実践をつなぐ知のコラボレーション

  • 作者: 高垣 マユミ
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本



ワープロソフト「一太郎」の罫線 [その他]

 仕事の時使うワープロソフトは、今でも「一太郎」です。私が教師になったとき(平成元年)、「一太郎Ver.3」とNECのPC-9801RX2(インテルの80286というCPUをつんでいました)を購入し、現在使っているのは「2007」です。「MS-Word」も使いますが、やはり日常のメインは「一太郎」。その理由は、「Word」に比べて使いやすい罫線機能です。

 ところが先日、「一太郎」で罫線で表をつくっていて、妙なことが起こりました。枠をしっかりつくったつもりなのに、枠から罫線がほんの少し飛び出てます。
keisen02.jpg
これです。分かります?


 飛び出た部分を消そうとしても消えず、終点を少し下げてみると、今度は枠に届きません。
keisen01.jpg


 これはいったいどういうことでしょう?

【補足】
 少し画像の説明が不足してました。画像中の横の罫線2本の間隔が1行に相当します。ですから、一太郎の罫線モードの時に Insert キー等で切り替える「通常」と「行間」の違いではありません。また罫線のカーソルを最小単位で動かせる「Shift + 矢印キー」でも、うまくいきませんでした。

 Yahoo!知恵袋に質問してみました[http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217445682]。さて、解決するでしょうか?ジャストシステムの人にも見てもらえるよう、さきほどジャストシステムのアフィリエイトまで申し込みました。

 私自身、一太郎を20年ほど使っているので、「一太郎について分からないことがあるので人に尋ねる」というのは、よほどのことなんですがね(笑)。

江田船山古墳 [その他]

 近くにありながらこれまで行ったことがなかった和水町(旧菊水町)の江田船山古墳を昨日見に行ってきました。「肥後古代の森」の一部(菊水地区)として、古墳周辺は綺麗に整備されており、貝塚の一部(薬品で表面を切り取り、ガラスケースにいれて展示)や復元された竪穴式住居・縄文土器・石人などが屋外に展示してあり、とても勉強になりました。散策するにはもってこいの場所でしょう。公演の脇を流れる菊池川では、釣り人の姿も数多く見かけました。



東アジアと江田船山古墳

東アジアと江田船山古墳

  • 作者: 白石 太一郎
  • 出版社/メーカー: 雄山閣
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 単行本



江田船山古墳鉄剣銘の秘密―古代史発掘 被葬者は百済王の王子だった!!

江田船山古墳鉄剣銘の秘密―古代史発掘 被葬者は百済王の王子だった!!

  • 作者: 江口 素里奈
  • 出版社/メーカー: 五月書房
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本



映画『ブレードランナー』(リドリー・スコット監督、1982年、アメリカ) [その他]

 私がこれまで見た映画の中で最も好きな作品が、この『ブレードランナー』です。最初に見たのは、テレビの月曜ロードショーでした。私の記憶では解説が水野晴郎氏だったような気がしますが、Wikipediaの記事には「月曜ロードショー」とあるので、解説は水野氏ではなく荻昌弘氏だったのでしょう。映画で強烈なインパクトを残した「ルトガー・ハウアーはオランダの俳優さんです」という紹介が印象に残っています。その後ビデオ、DVDを購入してあわせて100回以上は見ました。

 この映画の魅力は、近未来都市のヴィジュアルイメージにあります。暗く冷たく、雑然とした2019年のロサンゼルス。ヴァンゲリスの音楽とも相まって、映画全体を包む暗い雰囲気が見る人自身をも包み込むかのように迫ってきます。主役のハリソン・フォードもさることながら、レプリカントを演じるルトガー・ハウアーの知的でクールな演技は背筋がゾクゾクするほど。エンディングでの雨の中で機能が停止していくシーンは、凄絶な中にも美しさがあります。彼が映画の中で語る「俺たちは何処から来て、何処へ行くのか」という台詞(レプリカントたちは、この答えを求めて地球に「帰って」きた)は普遍的な問いだと思いますが、印象深い台詞です。

 監督はリドリー・スコット。『エイリアン』の1作目や、コロンブスを描いた『1492』、ラッセル・クロウの『グラディエーター』、オーランド・ブルームの『キングダム・オブ・ヘブン』等で知られています。ガンに冒された松田優作の鬼気迫る演技が光る『ブラック・レイン』も素晴らしい。



bladerunner.jpg


 昨年、映画公開25周年ということで、この『ブレードランナー』の「ファイナル・カット」というヴァージョンがリリースされました。未公開映像を加え、監督自身が新たに編集し直した作品です。これにあわせて発売されたのが、これまでの全ヴァージョンと特典映像やら制作秘話などを加えた5枚組のDVDボックス。すごいヴォリュームのアイテムでした。ところがこのボックスには、DVDだけの「アルティメット・コレクターズ・エディション」と、オマケがついて特製ケースにはいった「アルティメット・コレクターズ・エディション・プレミアム」の2種類があります。DVDだけのボックスは1万4800円で、「プレミアム」の方はなんと2万4800円。AmazonUSで「プレミアム」を買いましたが、日本までの送料入れても約7000円でした。本体価格が$54.99、送料が$7.98で合計$62.97。私が昨年末に買ったときのレートは1ドル=111.30円で、払ったのは7,008円です。今はかなり円高が進んでいるので、もっと安く手にはいるでしょう。高すぎはしませんかねぇ?アメリカ版には日本語の字幕がはいっているということで買ったのですが、それはDVDのみのヴァージョンで、「プレミアム」収録のDVDには日本語字幕はなく、仕方なくDVDだけの5枚組日本版も買うことに。これなら最初から日本製のボックスを買っとけばよかった......「プレミアム」についているオマケの「スピナー」(飛行艇)の模型と、ユニコーンのフィギュアはかなりチャチでショボいもので、価格差に見合うだけの価値はありませんでした。アメリカではブルーレイ版もリリースされてますが、日本盤は今のところHDDVD版のみ。一時は『ブレードランナー』を観るために、HDDVDのプレイヤーを買おうかとも思ったんですが。


 DVDと同時にリリースされたのが、映画のサントラ3枚組CD。『ブレードランナー』のサントラはなかなか入手困難で、ヴァンゲリスのベスト盤に2曲だけ収録されていたのですが、これでようやく全体を聴くことが可能になりました。「愛のテーマ」が流れるシーンで、ショーン・ヤングが髪型を整えながらピアノを弾く場面の美しさ!韓国映画『僕の彼女を紹介します』で、主人公の女性がピアノを弾くシーンがありますが、あのシーンとは違って、暗く冷たく、そして美しい名シーンです。



『ブレード・ランナー ファイナル・カット』製作25周年記念エディション

『ブレード・ランナー ファイナル・カット』製作25周年記念エディション

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: HD DVD
「ブレードランナー」オリジナル・サウンドトラック<25周年記念エディション>

「ブレードランナー」オリジナル・サウンドトラック<25周年記念エディション>

  • アーティスト: ヴァンゲリス,ドン・パーシバル,サントラ
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/03/05
  • メディア: CD
ブレードランナー

ブレードランナー

  • アーティスト: サントラ,ヴァンゲリス
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: CD
ブレードランナー

ブレードランナー

  • アーティスト: サントラ,ヴァンゲリス
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1989/09/01
  • メディア: CD
Blade Runner Trilogy [25th Anniversary]

Blade Runner Trilogy [25th Anniversary]

  • アーティスト: Vangelis,Dick Morrissey,Dimitris Tsakas,Demis Roussos,Don Percival,Mary Hopkin
  • 出版社/メーカー: Universal
  • 発売日: 2007/12/10
  • メディア: CD
Blade Runner: The Inside Story (Transmetropolitan)

Blade Runner: The Inside Story (Transmetropolitan)

  • 作者: Don Shay
  • 出版社/メーカー: Titan Books
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: ハードカバー
Future Noir: The Making of Blade Runner

Future Noir: The Making of Blade Runner

  • 作者: Paul M. Sammon
  • 出版社/メーカー: Harpercollins
  • 発売日: 1996/05
  • メディア: ペーパーバック
Blade Runner: Do Androids Dream of Electric Sheep?

Blade Runner: Do Androids Dream of Electric Sheep?

  • 作者: Philip K. Dick
  • 出版社/メーカー: Random House (a)
  • 発売日: 2007/11/27
  • メディア: CD
メイキング・オブ・ブレードランナーファイナル・カット

メイキング・オブ・ブレードランナーファイナル・カット

  • 作者: ポール M.サモン
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本
「ブレードランナー」論序説 (リュミエール叢書 34)

「ブレードランナー」論序説 (リュミエール叢書 34)

  • 作者: 加藤 幹郎
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2004/09/28
  • メディア: 単行本


NHK『クローズアップ現代』~「ヨーロッパからの“新しい風”【4】教育で国の未来を切り開け」 [その他]

 NHKテレビの『クローズアップ現代』、今週は国谷キャスターがヨーロッパからレポートです。今夜の特集は「教育で国の未来を切り開け」。
 イギリスでは学力向上を目指し、学校に競争原理を導入しています。給食の時間、成績が良い生徒は先生の隣に座り、ケーキやジュースをもらってました。一方でこうした競争原理の導入に伴い、学力格差が表面化したので、ブレア政権は教育費大幅に増額し、教員の数を増やしたとのこと。テレビで紹介された小学校では、20人のクラスに先生が5人!個別指導も行ってました。
 「学力世界一」のフィンランドの教育も紹介されていました。フィンランドの場合、1991年のソ連崩壊にともない経済が急速に悪化、人的資源を育成するための投資として教育重視の政策を打ち出したとのこと。大きな点は、地方行政と各学校に、カリキュラムや教育内容をはじめとする決定権をすべて委譲したこと。改革を担当した当時の教育担当大臣が「教育とは本来個人的な営み」と語ってましたが、それを支援するのが教師だという考えのようでした。フィンランドでは教員養成大学に入れるのは希望者の10人に1人で、教師になるためには修士課程を修了した上で半年間の教育実習が必要だそうです。こうして優秀な教師が育成されていく、というわけです。もちろん、あまりの厳しさに途中で脱落していく人も多いとか。フィンランドでは修学前教育も、充実していました。なるほど、という感じですが、1クラス当たりの児童・生徒が多い日本では、まずムリなやり方です。OECDのPISA担当者曰く「突如起こる問題にどう対処するかが重要、知識の記憶は人間よりもコンピュータのほうが優れている」だって。

 ヨーロッパ的な価値観にムリに合わせる必要はまったくないでしょう。教育に対する国家予算が倍増するならまだしも、現状ではそのままのやり方を続けるのが一番いいように思います。そもそも先生たちが極めて忙しい日本が、高いレベルの学力水準を保っているのは奇跡に近いのでは?先日本校に講演に来られた池田香代子さんが、「日本の医療と教育は、コストパフォーマンスが極めて高い」とおっしゃってましたが、たしかにその通りかも。


nice!(0)  コメント(0) 

大学入試センターが発行している『大学入試フォーラム』は面白い [その他]

 今週末はセンター試験。受験生の皆さん、風邪などひかぬように。
 大学入試センターが発行している広報誌『大学入試フォーラム』ってご存知ですか?進路指導部長のK先生から「面白いよ」と、2007年12月発行のNo.30を見せていただきました。この号には「出題ノート」として日本史のセンター試験出題者の方の文章が掲載されていますが、これが実に面白いのです。公開できるギリギリの線まで踏み込んでいるという印象で、「誰がどんな風にセンター試験の問題をつくっているのか」という我々の関心には十分応えられています。執筆者は佐々木馨先生という北海道挙幾大学の先生ですが、語り口は真面目ながら内容はユーモアに満ちており、笑いを誘うこともしばしば。内容もさることながら文章も素晴らしいと思います。一読の価値有り。


nice!(0)  コメント(0) 

手段としての歴史教育 [その他]

 『中学校・高校の“優れた社会科授業”の条件 (優れた社会科授業の基盤研究2) 』(明治図書)では、よい歴史の授業の指標として、次の2点があげられています。
 ①「歴史で何らかの社会的な見方・考え方を教えようとしている」
 ②「歴史と現代社会との関連性を意識させようとしている」
 「歴史を現代社会理解のための手段」とする授業は、こうした観点から注目されているのだろうと思います。が、私が目にした「歴史を手段化した授業」(3つほどですが)を見る限り、よくできた授業だとは思いますが「なぜ歴史の授業でやらなければならないのか」という必然性はあまり感じられません。むしろ公民科目でやるべき内容なのでは?と感じてしまいます。学ぶ価値ある歴史の授業をつくろう、という姿勢は十分理解できますが、逆に「歴史の授業が必要なのか」という点で、考え込んでしまうわけです。私自身は、歴史は手段ではなく事象そのものの面白さを伝えていくべきだと思います。
 「単に『興味・関心が高まって面白かった授業』というのでは、何か肝心なものが抜けている」というのは正論です。でも、「教育に理想は必要だが、タテマエの議論でどんなに理想を説いても現実の打開にはつながらないのではないだろうか」(ある歴史教育学者の方の文章より)と、最近真剣に思ってます。


nice!(0)  コメント(6) 

藤田英典 『教育改革のゆくえ』(岩波ブックレット No.688) [その他]

 冬休みにはいり、ようやく時間ができたので後回しにしていた本を読むことに。まずは岩波ブックレットの編集担当Tさんからいただいた『教育改革のゆくえ』。他の学校の状況は分かりませんが、少なくともウチの学校では「教育改革」が話題になることはほとんどありません。そんな時間などありませんから。そういうわけで、「やりたい人が勝手にやっとけばいいじゃん、俺たちそんなこと考えてるヒマなんてねぇんだよ」的な自分としては、かなりインパクトある一冊でした。

 いちばん面白かったのは、文部科学省による「教育の危機」の捉え方について、その捉え方と論理構造の矛盾とが指摘されている箇所。そしてTIMSSとPISAの結果の検討。「PISAっていう国際的な学力テストの成績が芳しくなかったため、日本はゆとり教育をやめようとしている」くらいの認識しかなかった私には、まさに目からウロコが落ちる思い。教育格差と「リッチ・フライト」を実感している私としては、自分が今の学校で毎日やってることを顧みるという意味でも、価値ある一冊でありました。

教育改革のゆくえ―格差社会か共生社会か (岩波ブックレット)

教育改革のゆくえ―格差社会か共生社会か (岩波ブックレット)

  • 作者: 藤田 英典
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本


ギニュー特戦隊の「ギニュー」は「牛乳」って知ってた?


nice!(0)  コメント(0)