So-net無料ブログ作成

地歴・公民科研究会 [その他]

 今年の会場は玉名高校。来年創立110周年を迎えるという伝統校で、校舎にはいると、窓枠や、壁、照明器具などに歴史を重ねた風格を感じる。福岡の明善高校に近い雰囲気。校舎は、噴水が綺麗な前庭および正門とともに有形文化財だそうだ。資料室の展示物も興味深い。 何度か一緒に仕事をさせてもらったK先生の世界史(2年生)を見学。ちょうど、ウチと同じ部分(唐代)だったので、興味深く見ることができた。
 世界史分科会の講師は、東海大学の奥山甚一先生(総合経営学部長)。奥山先生はスリランカの社会経済がご専門で、演題は「スリランカ-カレーから民族問題まで」。スリランカのカースト制度をはじめ、あまりに面白くて1時間ではとても時間が足りない。驚いたのは、スリランカコーヒー。オランダ統治時代、茶ではなくコーヒーが栽培されていたそうで、140年ほど前には世界第3位のコーヒー豆生産国だったとのこと。確かにオランダ支配下にあったインドネシアのトラジャコーヒーは有名。好評だったのは、先生ご持参のスリランカカレー。「ラ・サナイ」というスリランカカレーを出してくれるお店から直接持ってきていただいた。チキンカレーは絶品で、「辛い、美味い!」。阿蘇でインド人シェフが経営してる「アソバラウ」のカレーも美味しいが、これもいい。
 全体会の講師は、熊日新聞の論説委員である山口和也氏。話を聴いているうちに「ああ、あの記事を書かれたのがこの方か!」と当時を思い出すことしきり。今日うかがったことのほとんどを覚えていることに、自分でもちょっとビックリ。オフレコに近い取材現場の裏話は実にスリリングで、なかでも建設業界談合現場潜入の話は手に汗握るおもしろさ。なかでも談合の情報ソースは、低コストで高い技術力を持つ会社だったというのは興味深い。つまり、「談合がなければ絶対ウチが受注できる」という自信がある会社だということ。なるほど、合点がいった。業界団体というのは、まさしくヨーロッパ中世都市における同職ギルド(ツンフト)なのである。自由競争を排して、ギルドメンバーの共存共栄をはかり、消費者の利益とは相容れない団体。今日聴かせてもらった取材現場の話は、特別にディープな話ばかりで、おそらく日々の作業は地道な取材の繰り返しなのだろう。学問の研究作業と同じではないか。敏腕記者のイメージとは違って語り口も穏やかで、「ジャーナリストの正義とは」といった大上段に振りかぶらないところが、逆にカッコいい。上善は水のごとし。


 国府高校のT先生(娘さんは熊高での教え子)に誘われて、M先生との3人で玉名ラーメンを食す。その話はFacebookにて。来年は北高が会場。



tama01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0