So-net無料ブログ作成

ワープロソフト「一太郎」の罫線 [その他]

 仕事の時使うワープロソフトは、今でも「一太郎」です。私が教師になったとき(平成元年)、「一太郎Ver.3」とNECのPC-9801RX2(インテルの80286というCPUをつんでいました)を購入し、現在使っているのは「2007」です。「MS-Word」も使いますが、やはり日常のメインは「一太郎」。その理由は、「Word」に比べて使いやすい罫線機能です。

 ところが先日、「一太郎」で罫線で表をつくっていて、妙なことが起こりました。枠をしっかりつくったつもりなのに、枠から罫線がほんの少し飛び出てます。
keisen02.jpg
これです。分かります?


 飛び出た部分を消そうとしても消えず、終点を少し下げてみると、今度は枠に届きません。
keisen01.jpg


 これはいったいどういうことでしょう?

【補足】
 少し画像の説明が不足してました。画像中の横の罫線2本の間隔が1行に相当します。ですから、一太郎の罫線モードの時に Insert キー等で切り替える「通常」と「行間」の違いではありません。また罫線のカーソルを最小単位で動かせる「Shift + 矢印キー」でも、うまくいきませんでした。

 Yahoo!知恵袋に質問してみました[http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217445682]。さて、解決するでしょうか?ジャストシステムの人にも見てもらえるよう、さきほどジャストシステムのアフィリエイトまで申し込みました。

 私自身、一太郎を20年ほど使っているので、「一太郎について分からないことがあるので人に尋ねる」というのは、よほどのことなんですがね(笑)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0