So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

銀による世界の一体化 [大学受験]

 論述課外は先週の金曜日でひとまず終了。最終回で考えた問題の一つが、東大の2004年の問題です(問題のリード文とソックリな文章が、東京書籍の教科書『世界史B』の221㌻に......)。

 1985年のプラザ合意後、金融の国際化が著しく進んでいる。1997年のアジア金融危機が示しているように、現在では一国の経済は世界経済の変動と直結している。世界経済の一体化は16,17世紀に大量の銀が世界市場に供給されたことに始まる。19世紀には植民地のネットワークを通じて、銀行制度が世界化し、近代国際金融制度が始まった。19世紀に西欧諸国が金本位制に移行するなかで、東アジアでは依然として銀貨が国際交易の基軸貨幣であった。この東アジア国際交易体制は、1930年代に、中国が最終的に流通を禁止するまで続いた。
 以上を念頭におきながら、16-18世紀における銀を中心とした世界経済の一体化の流れを概観せよ。解答は、解答欄(イ)を使用して、16行以内とし、下記の8つの語句を必ず1回は用いたうえで、その語句に下線を付せ。なお、(  )内の語句は記入しなくてもよい。

 グーツヘルシャフト(農場領主制)、 一条鞭法、 価格革命、 綿織物、
 日本銀、 東インド会社、 ポトシ、 アントウェルペン(アントワープ)


 『世界史論述練習帳』(旺文社)の175ページで指摘してあるように、時代指定は16~18世紀であるにもかかわらず指定語句が16世紀中心です。帝国書院の資料集『タペストリー』(五訂版)30ページに「世界をめぐる銀」という解説がありますが、ここでも「16世紀の世界貿易」として説明されています。グーツヘルシャフトと銀を結びつけるのは難しいと思いましたが、最近では世界史Bの教科書の多くで「世界の一体化」の部分でこの語句がでてくるので、さほど難しいことではないでしょう。世界的分業体制の確立という視点は、もはや常識と言っても過言ではないでしょう。
 『段階式世界史論述のトレーニング』(Z会)と『東大合格への世界史』(データハウス)にこの問題の解答例が示されていますが、いずれも16世紀中心の記述になっています。これは仕方のないところ。『段階式』の「採点ポイント」に示してあるように「アントウェルペンに代わってアムステルダムが世界金融の中心となった」と使うと、17世紀のデータとして使えます。が、『段階式』の解答例にはアントウェルペンの指定語句が使われていません。これは別冊の「問題編」掲載の問題文ににアントウェルペンが記載されていないことによるミスでしょう。
 二つの解答例について、リード文にある「銀を中心とした」という指定には、もう少し注意してもよかったのではないでしょうか?『段階式』『東大合格のための世界史』ともに16世紀の記述に比べて、17・18世紀の記述では「銀を中心とした」という点で弱いように感じます。特に『東大合格のための世界史』の場合、18世紀については銀とまったく関係がないことが書かれています。これは「綿織物→産業革命」と思いつき、指定語句に惑わされたせいでしょう。この問題に関しては、産業革命にまで言及する必要性は感じません。私としては『世界史論述練習帳』で指摘されているように、「(銀を対価として)綿織物の輸入」として使うべきだと思います。またこれも『世界史論述練習帳』で指摘されていることですが、イギリスが「(銀を対価として)茶の輸入」したことに言及すれば、18世紀清代中国に銀が流入し、地丁銀が導入されたことも述べることができるので、バランスのとれた答案になるでしょうね。
 一つ不明なのは、ポトシ産の銀はアカプルコ貿易で中国に流入したのか、という点。『タペストリー』では、ポトシからメキシコ経由で中国とヨーロッパに向かったことが示されており、『段階式』の「解答例1」では、ポトシ産の銀がアカプルコ貿易で中国にもたらされたということになっています(『東大合格のための世界史』も同様)。山川出版社の『世界史B用語集』では、ポトシの銀はおもにヨーロッパへもたらされたととれる記述になっています。とりあえず「メキシコ銀と日本銀はアジアへ」「ポトシなどで算出された銀はヨーロッパへ」と無難な話をしておきましたが。

出題パターン型世界史論述練習帳―高得点をめざす-方法と知識 (大学受験SUPER LECTURE世界史)

出題パターン型世界史論述練習帳―高得点をめざす-方法と知識 (大学受験SUPER LECTURE世界史)

  • 作者: 中谷 臣
  • 出版社/メーカー: 旺文社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 単行本
東大合格への世界史―東大文I生が教える日本語力で解く論述テクニック (東京大学への道)

東大合格への世界史―東大文I生が教える日本語力で解く論述テクニック (東京大学への道)

  • 作者: 山下 厚
  • 出版社/メーカー: データハウス
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本



日曜日にトイザらスで購入。「ジョジョ」は割引になってました(300円)。ディオって、ロニー・ジェイムズ・ディオが元ネタなんでしょうかね。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 4

カヅ

お久しぶりです。銀については世界史論述では頻出ですよね。ちなみにと先日の東大模試では現代経済がテーマの大論述がさっぱりでした。そういえば今度の予備校の激励会にはいらっしゃるんですか?
by カヅ (2007-12-18 22:34) 

zep

いよいよ受験も本番となりました。昨日卒業生が世界史の問題をもらいに来てました(名前がどうしても思い出せず、話しかけられませんでした(^_^;)。学校では感染性胃腸炎が流行し、社会科ではM先生が罹患、先日の修学旅行を引率した先生の中には現地で病院に行った人も!カヅさんも体調管理にはしっかり気を配って下さいね。東大模試は、現役の諸君も苦戦したようです。予備校の激励会って、ウチの先生方も毎年行ってるんですか?予餞会は、今年もビデオの予定だそうです。シナリオは昨年の「士君子の星」にも出演していた某先生だとか。
by zep (2007-12-19 18:23) 

カヅ

M先生…!大変ですね!お大事にとお伝えください。そして先生もお身体ご自愛ください。私は風邪は滅多に引かないので大丈夫です。なんとかは風邪にかからないのです。東大模試、浪人生でも苦戦するのだから現役生は輪を掛けて大変でしょう。高校であった東大模試ではお隣の現役生は社会が始まってものの5分で寝ちゃってたので「分からなかったんだろうな…」と痛ましく思いました。激励会、来週いらっしゃるようですよ。どなたが来られるかさっぱり分かりませんが、予想としては去年学年主任だったY先生や国語のスペシャリストI先生や辛口毒舌英語教師K先生辺りかと。シナリオ…ええ!?T先生ですか!?それは楽しいでしょう!あ、今年の予餞会のデータを結局もらってませんでした。至極残念です。センターまであと一ヶ月なのでラストスパートかけてきます!なんとか第一志望校に受かりたいものです。
by カヅ (2007-12-19 21:34) 

zep

へぇ、毎年先生方が参加しているとは知りませんでした。カヅさん予想の三名の先生は、今年も三年担任です。噂ではI先生がシナリオらしい.....ということで、最後まで気を抜かずに頑張ってください。健闘を祈ります。
by zep (2007-12-20 20:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。